経理社員の退職はチャンス?経理業務フローの見直しにつながった話


いつも大変お世話になっております。


経理代行ステーションを運営するハーバーズの藤井です。


今日は「経理社員の退職」についてお話させて頂きます。



突然、ある社長様から電話が。「経理社員が退職してしまう…」


先日、急に電話の問合せがあり、ある社長様から経理社員が来月で退職することになったのでとりあえず経理業務を引き継いでくれないかと相談をいただきました。


社長からは振込みとクレジットカードの管理を早く引き継いでほしいと、、、


電話からもすごく困っている様子が目に浮かぶようなご様子でした。



経理社員の退職で一番の課題は売上管理だった


実際に社長やほか社員様ともお会いしてお話を聞いたところ、当初社長は主に振込業務を気にされていましたが、実は経理社員が退職して一番会社にとって困るのは売上管理でした。


振込業務は業務量が多いも請求書のある場所が分かればなんとかこなせます。


ただ、売上については漏れなく請求書に記載して送らなければいけませんが、細かい部分まで把握しているのはその経理社員だけでした。


社長はすべての取引先を把握しているので売上の漏れも分かるだけに、目の前の業務を解決しなければと考えられたのだと思います。



経理社員の退職を機に経理業務フローの見直し・効率化を


そこで、社長とまずは各業務の流れをフロー図にして整理し、その中で経理社員の役割を一緒に検討しました。


経理業務の役割を見える化することで、そもそもそれが必要な業務なのか、他の社員でもできることなのか、または重要なポイントはどこなのかが明確になります。


これは営業でも言えることですが、一生懸命行っていることも冷静に見ると実はあまり会社に貢献していない場合もよくあります。


私自信も冷静になるとよくそういうケースはありますが、会社以外の人と話すことによって気づくことってよくありますね、、、


一度会社全体の業務を見直すきっかけになれば幸いです。



ブログをご覧頂きありがとうございます

ブログをご覧頂きありがとうございます。


今後のブログの内容の参考にさせて頂きたく、今、悩んでいることなどございましたら、お問合せフォームからメールにてご連絡頂けますと幸いです。


もし、ご希望でしたら、お悩みに対するアドバイスも可能ですので、必要な場合は相談希望の旨ご記載ください。


以下のページも、ぜひご覧頂けましたら幸いです。



私たちが目指す理想のアウトソーシングとは?


くわしくはこちら(https://www.keiri.harbors-inc.com/about


〇バックオフィスに関する無料相談実施中〇

無料相談、サービス紹介資料の請求はこちら(https://www.keiri.harbors-inc.com/



〇無料ツール・レポートのご紹介



らくらくチェック!

月次試算表チェックリスト

ダウンロードはこちら(https://www.keiri.harbors-inc.com/shisanhyo-checklist


経理担当が突然退職したら?

引継ぎのポイントと注意点!

ダウンロードはこちら(https://www.keiri.harbors-inc.com/report-keiritaisyoku