top of page

会計ソフトはクラウド型主流?クラウド会計のメリットとデメリットをご紹介!


クラウド型会計ソフトとは?


クラウド型会計ソフトは、従来のデスクトップ型会計ソフトとは異なり、インターネットを介してリモートからアクセスできる会計ソフトウェアです。このソフトウェアは、財務諸表の作成、請求書の発行、給与計算、税務申告など、様々な経理業務を効率的に行うことが可能です。データはクラウド上に保存され、いつでもどこでもアクセスできるため、複数の拠点やリモートワークでもスムーズに業務を行うことが可能です。



会計ソフトはオンプレミス型とクラウド型のどちらが主流?


会計ソフトウェアは長年にわたりオンプレミス型が主流でしたが、徐々にクラウド型へのシフトが進んでいます。これは、クラウド型の方が設定やアップデートが容易で、より低いコストで始められること、場所や時間に関係なくアクセスできる柔軟性があること、などの理由からです。


クラウド型会計ソフトウェアは、リアルタイムのデータに基づく意思決定を可能にし、データの入力ミスを減らし、経理業務の自動化を推進するなど、多くの利点を提供します。また、データのセキュリティとプライバシーについても、大手のクラウド会計ソフトウェアプロバイダは厳密なセキュリティ対策を講じており、多くの場合、中小企業が自社で管理するよりも高いレベルのセキュリティを提供できます。


しかし、全ての企業がクラウド型へ移行したわけではありません。特定の業界規制、オンプレミス型の既存の投資、特殊なカスタマイズのニーズなどにより、一部の企業はまだオンプレミス型のソフトウェアを維持しています。


それぞれの選択肢は一長一短があり、企業は自身のニーズ、リソース、戦略に基づいて最適なソリューションを選択するべきです。しかし、クラウド技術の進化とともに、今後ますます多くの企業がクラウド型会計ソフトウェアへの移行を検討するでしょう。



クラウド型会計ソフトのメリットとデメリット


大きな4つのメリット


① アクセシビリティ

クラウド型会計ソフトの最大の利点は、いつでもどこでもアクセスできることです。これにより、出張中や自宅からでも経理業務を行うことが可能になります。


② コスト節約

従来のデスクトップ型ソフトウェアに比べ、クラウド型ソフトウェアは初期コストや維持費用が低いです。サービスの利用料金は通常、月額または年額のサブスクリプション形式で設定されています。


③ リアルタイムの更新

クラウド型会計ソフトはリアルタイムでデータが更新され、すべての利用者が最新の情報を確認することができます。これにより、データの整合性を保つことが容易になります。


④ セキュリティ

信頼性の高いクラウドサービスプロバイダは、高度な暗号化技術とセキュリティプロトコルを使用してデータを保護します。これにより、重要な会計データの喪失や漏洩を防ぐことが可能です。


3つのデメリット


① インターネット接続の依存

クラウド型会計ソフトはインターネット接続に大きく依存します。インターネットが利用できない場合や接続が不安定な場合、作業に影響を及ぼす可能性があります。


② カスタマイズの制限

一部のクラウド型会計ソフトは、特定の業種やビジネスモデルに特化したカスタマイズを提供していない場合があります。したがって、企業のニーズに完全に合わせることが難しい場合があります。


③ データプライバシー

データがクラウド上に保存されているため、プライバシーの問題が懸念されることがあります。信頼性の高いプロバイダを選ぶことでこのリスクを最小限に抑えることが可能ですが、それでも不安を感じるユーザーもいるでしょう。


クラウド型会計ソフトは、その利便性と効率性から急速に普及しています。その一方で、インターネット接続の依存度やプライバシーに対する懸念など、一部のデメリットも理解しておくことが重要です。最終的には、各企業の具体的なニーズと状況により、クラウド型会計ソフトが最適な選択肢かどうかを決定することになるでしょう。



クラウド型会計ソフトの具体的な強みとは?


① 銀行口座やクレジットカードとの連携

クラウド型会計ソフトの多くは銀行口座やクレジットカードと直接連携できます。これにより、取引の自動取り込みやリアルタイムのキャッシュフローの把握が可能となり、手作業によるデータ入力の手間やミスを大幅に減らすことができます。


② リアルタイムのデータアクセス

クラウド型会計ソフトはインターネット接続があれば、どこからでもリアルタイムに会計データにアクセスすることが可能です。これにより、最新の財務状況を常に把握することができ、迅速な意思決定を支援します。


③ 自動化と効率化

クラウド型会計ソフトは、請求書の作成、経費の追跡、税金の計算など、様々な会計業務を自動化します。これにより、手間と時間を大幅に節約し、経理スタッフの生産性向上に寄与します。


④ スケーラビリティ

ビジネスが成長するにつれて、クラウド型会計ソフトは新しいユーザーや追加の機能を容易に追加できます。これにより、企業の成長と共に会計ソフトも進化させることが可能となります。


⑤ データのセキュリティ

クラウド型会計ソフトはデータを安全にクラウド上に保存し、大手プロバイダは最先端のセキュリティ技術を使用してデータの安全性を保証します。



クラウド型会計ソフトの導入をお勧めする企業とは?


クラウド型会計ソフトはその特性上、特定のビジネス状況や要件に適している企業があります。以下のような状況やニーズを持つ企業は、クラウド型会計ソフトの導入を検討すると良いでしょう。


① リモートワークや複数の拠点

クラウド型会計ソフトは、どこからでもアクセス可能なため、リモートワークを行っている企業や複数の拠点を持つ企業に特に適しています。


② 初期コストや維持費用を抑えたい

クラウド型会計ソフトはサブスクリプション形式の料金設定が一般的で、高額な初期投資や維持費用を必要としません。


③ リアルタイムのデータ更新が必要

リアルタイムでデータが更新されるクラウド型会計ソフトは、経営判断のための最新のデータを常に手に入れる必要がある企業に適しています。


④ データのセキュリティ

大手のクラウド会計ソフトウェアプロバイダは、データを安全に保管し、データの喪失や漏洩を防ぐ高度なセキュリティ対策を講じています。そのため、情報セキュリティが重要な企業には適しています。


⑤ 会計業務の効率化

クラウド型会計ソフトは経理業務の自動化や効率化を可能にします。したがって、業務プロセスの最適化を目指す企業に適しています。


これらの要素はすべてまたは一部が該当する企業は、クラウド型会計ソフトの導入を検討する価値があります。ただし、最終的な選択は企業の具体的なニーズと目標に基づいて行うべきです。



東京・横浜 経理代行ステーションをお勧めしたい理由


東京・横浜 経理代行ステーションは、その信頼性、経験豊富なスタッフ、そして多様な会計ソフトウェア、特にクラウド型会計ソフトウェアへの強い精通度により、お客様に選ばれています。クラウド型会計ソフトのfreeeやマネーフォワードの導入サポートから操作方法まで、お客様に丁寧に指導いたします。具体的な流れを簡潔にご紹介したいと思います。


① ヒアリング

まずは、お客様のビジネスニーズと会計プロセスを詳しくヒアリングします。これにより、お客様に最適な設定や機能を提案することができます。


② ソフトウェアの設定

freeeやマネーフォワードのアカウントを作成し、初期設定を行います。これには、会社情報の登録、取引先情報の設定、銀行口座やクレジットカードの連携設定などが含まれます。


③ データ移行

既存の会計データを新しいソフトウェアに移行します。これにより、過去のデータを無駄にせずに新しいソフトウェアを使用することができます。


④ 操作説明の解説

ソフトウェアの基本的な機能と操作方法を解説します。これには、取引の登録、レポートの作成、税金計算などが含まれます。


⑤ 詳細な機能の説明

お客様のビジネスニーズに応じた詳細な機能を説明します。例えば、固定資産管理、給与計算、予算作成などの機能を具体的に説明します。


⑥ Q&Aセッション

操作方法についての質問にお答えします。また、具体的なシナリオやトラブルシューティングについてもサポートします。


以上のような流れで、我々はお客様が新しい会計ソフトをスムーズに使い始められるようにサポートします。そして、導入後も疑問点や問題が生じた場合はいつでもお問い合わせいただけるようにサポート体制を整えています。

我々東京・横浜 経理代行ステーションは、お客様が安心してクラウド会計ソフトを利用できるよう、全力でサポートいたします。


Comments


bottom of page